ドッグフードの栄養

MENU

犬が本来必要としている栄養を知る

犬が本来必要とする栄養素は、肉類の動物性たんぱく質が6割、野菜などの植物性成分が4割といわれています。これまでは、とうもろこしや小麦をたくさん使い原料費を抑えたドッグフードが主流でした。昨今では犬の健康管理意識が高まり、犬が生物学的に必要としている栄養をバランス良く摂取できるものが注目を集めています。

 

最近では栄養バランスに優れたプレミアムドッグフードを選ぶ方が増えてきましたし、毎日手作りドッグフードを与えている方もいます。

  • 市販のドッグフードは手間をかけずにバランス良く栄養を摂れるメリットがありますが、原材料の鮮度や添加物の安全性まで配慮した市販品は値段が高くなるというデメリットがあります。
  • 手作りドッグフードは、人間が食べられる材料を使い毎日新鮮なものを与えられるというメリットがありますが、調理の他に便の様子を見ながら犬に合う食材を選ぶ手間がかかるというデメリットがありあます。

それぞれ一長一短がありますが、犬も飼い主も満足できるフードを選ぶことが大切でポイントは犬に必要な栄養を「安全に」補給できるかどうかです。

 

犬に必要な栄養を考えながら手作りドッグフードの注意点や市販品のおやつの注意点などをまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

売れてるドッグフード - トップへ

ドッグフードの栄養について記事一覧

毎日同じドッグフードだけで栄養バランスは大丈夫?動物の多くは、生涯ほぼ同じものを食べ続けます。例えば、鳥なら木の実や小さな昆虫、ライオンならウマやシカの仲間の草食動物、パンダに至ってはほとんど竹と笹のみという暮らしです。犬は味わってゆっくり食事をするのではなく、獲物を横取りされないように早食いする本能が備わっています。これらのことから毎日同じだと飽きるかな?と考えるのは人間の嗜好を押し付けているだ...

ドッグフード以外に野菜も与えた方がいい?犬は肉食寄りの雑食動物とされています。長の長さは肉食動物のように短いものの、人間と暮らしているうちに少々の野菜類であれば消化できるようになったそうです。犬は野菜を食べることで食物繊維を補うことができます。食物繊維は便の量を増やし腸の蠕動運動を促します。また、腸内細菌のバランスを保つ働きも期待できます。食物繊維の量は犬に与える食事量の10%程度が好ましいとされ...

犬のおやつは何を与えても大丈夫?犬のおやつはデンタルケアやストレス解消に役立ちます。しかしデンテルケアには専用のグッズを使った方が良いですし、ストレスは運動をしたり遊んだりして発散するほうが犬が喜ぶでしょう。おやつは嗜好品に留めておくことが大切です。また、犬のおはつは何を与えても良いということはありません。市販の犬向けおやつでも安全面に心配なものがありますし家庭で用意する場合でも注意が必要な場合が...

手作りドッグフードを与える際の注意点愛情たっぷりの手作りドッグフードでも、犬によっては体調を崩してしまったり食欲が落ちてしまったりすることがあります。そんな時は手作りドッグフードにこだわらず市販のドッグフードを与えましょう。手作りドッグフードの最大のポイントは、犬が食べられる食材を選び栄養バランスを考えること。飼い主の自己満足にならないように気をつけましょう。手作りドッグフードに使える食材犬にはた...

犬用サプリメントの基礎知識|ドッグフードの栄養を補うサプリが注目!高齢になった犬を応援してあげたいと感じていませんか?犬の場合は病気になると高額な治療費がかかることもあり、いつまでも健康で長生きして欲しいという思いから犬用のサプリメントが急速に普及しています。一方で続々と新商品が登場しどんなサプリメントを選べばよいかわからないという飼い主さんの声も届いています。そこで、犬用サプリメントの基礎知識を...