ドッグフードの原料おすすめ

MENU

ドッグフードは原材料や添加物を注意深くチェックしましょう

ドッグフードのパッケージの「栄養バランス」「ヘルシー」といった表示でなんとなく品質が良さそうなイメージを抱きます。

 

しかし犬が必要としている栄養が不足していたり、出所の分からない原料や発がん性が指摘されている添加物が使われていたりしてとてもヘルシーとは言えないドッグフードが数多く売られています。

 

このような理由でドッグフードを選んでいませんか?
  • 食いつきが良くて犬が気に入っている
  • 価格が安くて手軽に購入できる
  • ペットショップですすめられた

 

  • 食いつきが良いのはビーフ香料、ポーク香料などが使われているからかもしれません。
  • 価格が安いということは原料に粗悪なものが使われている可能性があります。
  • ペットショップでフードをすすめているのは売り上げを伸ばすためで、あなたの犬の健康のことは考えていないかもしれません。

 

ドッグフードの裏面には原材料ラベルがあります。
ドッグフードのラベルを見るとどのような原料が使われているか、添加物は多いかということがわかります。

 

今までなんとなくドッグフードを選んでいたという方には、原料や添加物が良く分からないということがあるでしょう。
ここではドッグフードの原料や添加物、配合されている肉類の安全性などについてお話します。

 

ぜひ、ドッグフードに使われる原料や添加物の知識を得て、犬に相応しい食品としてドッグフードを選んでください。

 

売れてるドッグフードランキング - TOPへ

ドッグフードに使われるおすすめの原料や成分・危険な添加物について記事一覧

ドッグフードの原材料によく使われるチキンミールドッグフードの原材料ラベルに、チキンミール、鶏ミール、鶏副産物粉などと表記されていませんか。これらは鶏肉ではあるものの粗悪品の心配があるため注意が必要です!ドッグフードの原料になる鶏肉は私たち人間の食用として不合格となったものが加工されている可能性あるためです。ドッグフードのチキンミールって何から作られている?鶏のさまざまな部位を集め最終的に粉末に加工...

犬にはお肉がメインの原料を使ったドッグフードを与えましょう犬の先祖のオオカミは草食動物を食べる肉食動物ですが、犬は人間の食生活に合わせた肉食の強い雑食性といわれます。肉を裂く尖った歯、食べた肉類の腐敗を減らす短い腸といった犬の体のつくりを考えると、動物性たんぱく質が豊富に含まれている肉類がメインのドッグフードを与えることが望ましいといえるでしょう。ポイントはパッケージにかかれている「ビーフ味」など...

ドッグフードには様々な添加剤が配合されている!ペットフード安全法の施行やペットブーム、食の安全に対する意識の高まりという背景から、ドッグフードに使用される添加剤を気にされる方が増えています。しかし具体的にどのような添加剤にどんな危険性があるのかということまで把握している方は少ない印象です。そこで、ホームセンターやスーパー、ドラッグストアに足を運び、昔からある定番品やテレビCMなどでよく見かけるドッ...

ドッグフードの賞味期限を延ばす酸化防止剤は犬にとってはよくないドッグフードの賞味期限は製造日から1年ほどに設定されていることが多いようです。この賞味期限の表示は未開封で冷暗所に保管した場合の期限ですから開封後は酸化が進みフードの劣化が心配されるので早めに食べきるようにしましょう。ドッグフードには酸化を防ぎ賞味期限を長くするための酸化防止剤が添加されているものがあります。品質を保つために添加されてい...

穀物が多いドッグフードは値段を抑えるために入っている!犬には良くないドッグフードです穀物を食べる人間や草食動物の唾液には消化酵素のひとつアミラーゼがほとんど含まれています。犬は肉食動物で、獲物の肉を引きちぎりほとんど丸飲みする食べ方をします。ゆっくり穀物類を咀嚼する食べ方をしないためアミラーゼが必要ないと考えられています。しかし、ドッグフードの原材料ラベルを見てみると、小麦、小麦ふすま、トウモロコ...