犬に良くないドッグフード

MENU

穀物が多いドッグフードは値段を抑えるために入っている!犬には良くないドッグフードです

穀物を食べる人間や草食動物の唾液には消化酵素のひとつアミラーゼがほとんど含まれています。

 

犬は肉食動物で、獲物の肉を引きちぎりほとんど丸飲みする食べ方をします。

 

ゆっくり穀物類を咀嚼する食べ方をしないためアミラーゼが必要ないと考えられています。しかし、ドッグフードの原材料ラベルを見てみると、小麦、小麦ふすま、トウモロコシ、コーングルテンミール、米、玄米などの穀物が使われていることに気づきます。

 

 

ドッグフードの値段を安く抑えるために使われる可能性がある!

例えばドッグフードに配合されている米や小麦類は私たちが食べられるものが使われていると確信できますか?

 

実は、古米どころか古々米より古い米やカビが生えて人間の食用に使えない小麦が使われている可能性が指摘されているのです。

 

 

本来破棄される穀物をドッグフードに配合すればコストを抑えて利益を得ることができます。

 

新鮮な肉類をふんだんに使ったフードは値段が高いものが多いのですが、穀物中心のフードはかさ増しの目的で使われ香料で犬の食いつきを良くし安価で販売しているものが見受けられます。

 

安いドッグフードにはこのようなカラクリがあることを覚えておきましょう。

 

 

犬は肉だけでは生きていけない

犬の祖先オオカミ、肉食動物のライオンやチーターは捕獲した草食動物の胃や小腸に残っている草を一緒に食べて植物性の栄養を摂っています。
犬も肉の比率の方が圧倒的に高いものの植物性の栄養素が必要です。

 

食物繊維は犬の排泄を促したり腸内細菌のバランスを保つのに役立っていることがわかっています。だからといって出所や鮮度がわからない穀物を多く使ったフードを与える必要はありません。

 

穀物類は犬にとってアレルゲンになる可能性があり、お腹がゆるくなったり皮膚炎をくりかえしたりする心配があります。

 

 

ドッグフードで植物性の栄養を補うには

穀物はフードの原価を抑えたり、かさ増しをしたりしている可能性があるだけでなく、深刻なアレルギーの心配もあります。

 

植物性の栄養を補いたいという場合は、小麦や米などの穀物以外のものが使われているものを選びたいところです。

 

カナガンドッグフードは、新鮮なチキンをメインに消化が良く抗酸化作用に優れたサツマイモが使われています。

 

今までのドッグフードにはサツマイモが使われることは殆どありませんでした。それは原価が高くなりすぎて儲けが得られないからです。

 

カナガンドッグフードは犬の健康を考えてサツマイモを選んでいる点で信頼できるメーカーといえるでしょう。

 

 

ドッグフードに使われるおすすめの原料や成分・危険な添加物について

 

ドッグフード関連ページ

ドッグフードのチキンミールは要注意
主に安いドッグフードの原材料に記載されているチキンミールとはいったいなんでしょうか?安全な鶏肉かどうか判断できない分、犬の餌として不安が残ります。
お肉がメインのドッグフード
犬はもともとはオオカミと同じように肉食の動物です。ドッグフードは主食となるお肉がメインに入ったドッグフードを選んであげましょう。
ドッグフードの添加剤
ドッグフードには日持ちさせたり味を一定に保つためや美味しそうな色を付けるために添加剤が使われていることがあります。避けた方が良い添加剤についてまとめています。
ドッグフードの賞味期限と添加剤
ドッグフードには酸化を防ぐための酸化防止剤が添加されているものがあります。 品質を保つために添加されていますが、安全性の心配がある酸化防止剤が使われていることがあるためため注意が必要です。